海外環境・CSR通信

米国、太陽光・水力発電技術に2億ドルを投資 RSS

2010年04月25日

米エネルギー省(DOE)のスティーブン・チュー長官は22日、太陽光および水力発電技術の開発・実用化などに、今後5年間で2億ドル以上の投資を行うと発表した。太陽光発電の製造技術やサプライチェーンの開発、専門スタッフの育成、海洋および流体エネルギーの技術研究などが対象になる。

この投資の狙いについて、チュー長官は「電力供給の多様化、エネルギー安全保障の確保、グリーン雇用の推進というオバマ政権の目標を実現するうえで、クリーンエネルギーの生産拡大は重要な政策のひとつ。今回の投資により、再生可能エネルギー分野における米国の競争力を強め、クリーンエネルギー経済への転換を推し進める。」と述べている。




PR情報

Google Scholar
米国、太陽光・水力発電技術に2億ドルを投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ