海外環境・CSR通信

シーメンス、エーオンの200MW風力発電所に風力タービン供給  RSS

2010年04月29日

アイオワ州フォートマディソンにあるシーメンスの風力タービン製造工場を訪れたオバマ米大統領(2010年4月28日撮影)。(c)ecool/Siemens AG, Munich/Berlin

ドイツの工業コングロマリット、シーメンス(本社:ミュンヘン)はこのほど、独エネルギー最大手エーオン(E.ON)が米テキサス州サンパトリシオ郡に建設を進めるパパロートクリークⅡ(Papalote Creek II)風力発電所向けに2.3メガワットの風力タービン87基の供給契約を獲得した。

総計200メガワットの設備容量を持つ、パパロートクリークⅡ風力発電所の稼動予定は今年秋。発電所が完成すれば、約6万世帯の電力需要を賄うことができるという。

シーメンス再生可能エネルギー部門CEO、René Umlauft氏は「風力発電は長期的に有望な成長市場。シーメンスは世界市場の12%以上をおさえていくつもりだ」と述べた。 [小西卓明]




PR情報

Google Scholar
シーメンス、エーオンの200MW風力発電所に風力タービン供給 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ