海外環境・CSR通信

パナソニック、テスラに電気自動車用のリチウムイオン電池を提示 RSS

2010年04月23日

米テスラ・モーターズのJBストローベル最高技術責任者(右)とパナソニック エナジー社の野口社長(左)。パナソニック住之江工場(大阪市住之江区)にて(2010年4月23日撮影)(c)ecool/Tesla Roadster

電気自動車ベンチャーの米テスラ・モーターズのJBストローベル最高技術責任者(CTO)は23日、大阪市住之江区にあるパナソニックのリチウムイオン電池の生産工場を訪問。パナソニック エナジー社の野口社長から同工場で製造された最初のリチウムイオン電池がテスラのストローベルCTOに提示された。

ストローベル氏は「パナソニックのリチウムイオン電池をテスラのバッテリーパック技術と組み合わせることで、世界で最もエネルギー密度の高い電気自動車(EV)バッテリーパックを製造することが可能となる。」とコメントした。

テスラは今年1月、パナソニックと共同で電気自動車用の次世代リチウムイオン電池を開発すると発表しており、パナソニックの持つ技術や材料を活用しEVの航続距離の向上につなげたい考えだ。




PR情報

Google Scholar
パナソニック、テスラに電気自動車用のリチウムイオン電池を提示の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ