海外環境・CSR通信

米グーグル、2つの風力発電所に3880万ドルを投資 RSS

2010年05月06日

グーグルが投資したのは、米ノースダコタ州バーンズ郡にある出力120メガワットの「Ashtabula II」風力発電所(写真)を含む2つの風力発電プロジェクト。(c)ecool/Google

インターネット検索世界最大手の米グーグルは3日、米ノースダコタ州の2つの風力発電所に3880万ドル(約37億円)を投資したと発表した。太陽熱発電や地熱発電などエネルギー関連ベンチャーに投資してきた同社だが、再生可能エネルギー事業に投資したのは今回が初めて。

グーグルが投資したのは、米電力大手FPLグループ傘下で風力発電事業などを手掛ける米ネクステラ・エナジー・リソーシズ(NextEra Energy Resources)が建設した2つの風力発電所。発電能力は合計169.5メガワット。約5万5000世帯に電力を供給することができるという。

グーグルは再生可能エネルギー利用の普及を目指しており、今後も同様のプロジェクトに投資する考えを明らかにしている。




PR情報

Google Scholar
米グーグル、2つの風力発電所に3880万ドルを投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ