海外環境・CSR通信

アブダビに世界最大の太陽熱発電所を建設-マスダール、トタル、アベンゴアが提携 RSS

2010年06月14日

アブダビの南西約120キロ、マディナ・ザイードに建設予定の「シャムス1」集光型太陽熱発電所(CSP)の完成イメージ。(c)ecool/Abengoa Solar

スペインの総合エンジニアリング大手アベンゴア傘下で太陽光発電プロジェクトを手掛けるアベンゴア・ソーラー(Abengoa Solar)と仏石油大手トタル(Total)は9日、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ(Abu Dhabi)の政府系企業で再生可能エネルギー関連事業を展開するマスダール社と世界最大規模となる集光型太陽熱発電所(CSP)の建設契約を結んだと発表した。総事業費は6億ドル。2012年の操業開始を目指している。

「シャムス(Shams)1」と名付けられたこの発電所は、アブダビの南西約120キロ、マディナ・ザイードに建設が予定されており、100メガワットの発電能力を備え、6万2000世帯の電力をまかなうことができるという。事業には、マスダールが6割を出資し、アベンゴアとトタルの合弁会社が残りの4割りを出資する。




PR情報

Google Scholar
アブダビに世界最大の太陽熱発電所を建設-マスダール、トタル、アベンゴアが提携の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ