海外環境・CSR通信

GEとアベンゴア、メキシコ最大のコージェネレーション発電に1億8000万ドル投資 RSS

2010年06月26日

GEエナジーのフレーム7FAガスタービンのイメージ。(c)ecool/General Electric

GE傘下でエネルギー投資を手掛けるGEエナジー・フィナンシャル・サービスと、スペインの環境エネルギー技術企業アベンゴア(Abengoa)はこのほど、メキシコで最大規模のコージェネレーション発電に1億8000万ドルを投じることを明らかにした。アベンゴアの子会社であるAbener Energiaとアベンゴアメキシコが1億800万ドル、GE側が7200万ドルを出資。また、メキシコ最大の開発銀行バノブラス(Banobras)やスペインのサンタンデール銀行など7つの金融機関が、あわせて4億6000万ドルを融資する。建設は2009年9月に着手しており、2012年には操業を開始させる方針だ。

天然ガスなどの燃料により電力と熱を同時に生産するコージェネレーション発電は、熱効率が高く、二酸化炭素(CO2)の大幅な削減にもつながる。今回のプロジェクトでは、総額6億4000万ドルを投じ、タバスコ州ビヤエルモサ(Villahermosa)近郊のNuevo Pemex発電所に300メガワットのガス火力発電施設を建設。メキシコ湾のガス田から燃料を調達し、生産される電力と蒸気をNuevo Pemex発電所に供給する仕組みだ。また、この施設には、GEエナジーのフレーム7FAガスタービン2基が導入されるという。




PR情報

Google Scholar
GEとアベンゴア、メキシコ最大のコージェネレーション発電に1億8000万ドル投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ