海外環境・CSR通信

エネルギー大手イベルドローラ、風力発電に1兆円超を投資 RSS

2010年06月13日

イベルドローラ傘下の英電力大手スコティッシュ・パワーがスコットランド南部のグラスゴー近郊に建設したホワイトリー(Whitelee)風力発電所。出力は300メガワットを超える(c)ecool/ Iberdrola Renovables

スペインの再生可能エネルギー大手イベルドローラ・レノバブレス(Iberdrola Renovables)は8日、 2010年から2012年までの3ヵ年計画において、風力発電分野の開発や事業拡大に90億ユーロ(約1兆円)を投じると発表した。2012年までに風力発電の導入実績を1万6000メガワット規模まで伸ばす考えを示した。

イベルドローラは投資額の55%を米国市場に、21%を英国市場、11%をスペイン市場に充てる予定で、中でも米国市場と英国を中心とする洋上風力発電が、今後数年間の成長源になると予測している。

同社は、米国政府による再生可能エネルギーへの助成制度が継続すると判断し、2011年と2012年には、年間1000メガワット規模の風力タービンの導入を計画している。一方、欧州での海洋エネルギ-技術の開発も進める。特に洋上風力発電分野では、スウェーデンの電力大手ヴァッテンフォール(Vattenfall)との提携により、500万世帯分に相当する電力供給能力を取得している。さらに、デンマークのエネルギー大手ドンク・エナジー(Dong Energy)と共同で進めているウェスト・オブ・ダドゥン・サンズ(West of Duddon Sands)発電所の開発を含め、現在2300メガワット分の新規建設も決定している。

これらの洋上風力発電所の経験と実績は、欧州の他の地域での建設プロジェクトにも活用したい考えだ。[松岡 由希子]




PR情報

Google Scholar
エネルギー大手イベルドローラ、風力発電に1兆円超を投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ