海外環境・CSR通信

米ジョビー・エナジー、空中風力タービンの実用化に向け600メートル上空で実験 RSS

2010年06月24日

米ジョビー・エナジー(Joby Energy)が手掛ける空中風力タービンシステム。実現すれば、地上の風力発電より安定的に大容量のエネルギーを生産することが可能となる。(c)ecool/Joby Energy

空中風力タービンの開発を手掛ける米ジョビー・エナジー(Joby Energy)は、境界層上部と対流圏上部で稼動する空中風力タービンを開発中だ。600メートル上空で出力30キロワットの試作品の実験を開始し、初の実用モデルは300キロワット規模になる見通し。高高度の風に巨大なエネルギーがあることは新しいものではないが、パワーエレクトロニクスや制御システムなどの発展により、これを実用化する道が開けている。

多翼構造の風力タービンは、離陸時に推力を生産し、横風飛行中に電力を発電機に接続する仕組み。打ち上げの際、風力タービンには垂直離陸するための燃料が供給され、操業高度に到達すると、風力を使って横風飛行することになっている。

ジョビー・エナジーの創業者であるJoe Ben Bevirt氏によると、高高度の風力エネルギーがもつ潜在能力は8億7000万メガワットとみられ、地上の風力と比べて50倍以上も大きく、理論上は、この風力資源は世界中で活用可能だという。




PR情報

Google Scholar
米ジョビー・エナジー、空中風力タービンの実用化に向け600メートル上空で実験の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ