海外環境・CSR通信

シーメンスとRWE、英ウェールズの巨大洋上風力発電所建設で提携 RSS

2010年06月06日

Gwynt y Môr洋上風力発電所で160基が使用されるシーメンス製3.6メガワット風力タービン(SWT-3.6-107 wind turbines)を採用した英国のBurbo Bank 洋上風力発電所。(c)ecool/Siemens

ドイツの工業コングロマリット、シーメンスと独エネルギー大手RWEの再生可能エネルギー子会社RWEイノジーは4日、英ウェールズ北部沿岸沖18キロでの洋上風力発電所(Gwynt y Môr windfarm)の建設に向け、合弁会社を設立したと発表した。RWEイノジーが株式の60%を取得し、シーメンスが10%、残りの30%はミュンヘン市エネルギー公社(Stadtwerke Munchen)が保有する。

総投資額は20億ユーロ(約2200億円)を超える見込みで、完成すれば、原子力発電所 1基の半分に相当する 576メガワットの発電能力が新たに生まれ、40万世帯に電力を供給することが可能になる。発電所は2011年に建設が開始され、2014年に完成予定となっている。




PR情報

Google Scholar
シーメンスとRWE、英ウェールズの巨大洋上風力発電所建設で提携の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ