海外環境・CSR通信

GE、環境分野の研究開発「エコマジネーション」の投資額が50億ドルを突破 RSS

2010年07月01日

GE製の風力タービン(WindTurbine)、日本でも300基以上の納入実績がある。(c)ecool/General Electric Company

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)の環境に配慮した独自の経営戦略「エコマジネーション」による研究開発投資が2009年に50億ドルを超えた。

「エコマジネーション」に関する2009年度年次報告書では、この取り組みを開始した2005年5月からの進捗について詳細を公表。また、取り組み開始から5年という節目にあたり、新たな方針として、2015年までにさらに100億ドルを投資することを明らかにしている。

GEのジェフ・イメルト(Jeff Immelt)会長兼CEOは、「エコマジネーションは、社内横断型事業イニシアティブの成功例のひとつだ。2009年のエコマジネーションによる収益はFortune 130の企業と同等で、収益率は企業平均のおよそ2倍にのぼる。エコマジネーションの研究開発に大胆な投資を行った結果、株主にも利益をもたらしている」と述べ、「エコマジーネーション」の意義について強調している。




PR情報

Google Scholar
GE、環境分野の研究開発「エコマジネーション」の投資額が50億ドルを突破の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ