海外環境・CSR通信

エンブリッジ、米コロラド州の風力発電プロジェクトに5億ドルを投資 RSS

2010年07月06日

RESアメリカ社が建設したワシントン州エレンズバーグにあるワイルドホース(Wild Horse)風力発電所。ヴェスタス製の風力タービン127基、計229メガワットの設備容量がある。(2008年10月26日撮影)。(c)ecool/ aa7ae

カナダのエネルギー大手エンブリッジ(Enbridge)は、再生可能エネルギーの開発を手掛ける米リニューアブル・エナジー・システムズ(RES)との間で契約を締結し、米コロラド州で開発が進むシダー・ポイント(Cedar Point)風力発電プロジェクトをエンブリッジの米国子会社、RESアメリカが取得・操業することを明らかにした。エンブリッジの投資額は約5億ドル(約435億円)。

シダー・ポイント風力発電所は、ヴェスタス社製の1.8メガワット風力タービン139基を採用。まもなく建設が開始され、2011年後半の商業運転を目指している。




PR情報

Google Scholar
エンブリッジ、米コロラド州の風力発電プロジェクトに5億ドルを投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ