海外環境・CSR通信

ニュージーランド北島で600メガワットの風力発電所建設へ RSS

2010年07月30日

ニュージーランドの国営電力会社メリディアン・エナジー(Meridian Energy)が所有する北島南西部・マナワツ渓谷にあるTe Apitiウインドファーム(風力発電所)55基の風力タービンが稼動している。(c)ecool/PhillipC

ニュージーランド国有電力会社であるジェネシス・エナジー(Genesis Energy)がニュージーランド北島キャッスル・ヒル(Castle Hill)近くでの600メガワット規模の風力発電所建設計画を明らかにした。今後、詳細な検討を進め、風力タービンや発電所の設計、建設などに関する具体的な計画を2011年半ば頃までに決定する見込みだ。

ニュージーランド風力エネルギー協会(New Zealand Wind Energy Association)によると、ニュージーランドは、2009年末時点で511メガワットの風力発電設備を導入。発電能力全体の4.9%を占めている。また、ニュージーランドの国営電力会社メリディアン・エナジー(Meridian Energy)が南島のセントラル・オタゴで630メガワットの発電所建設を計画しているほか、ニュージーランドのエネルギー最大手コンタクト・エナジー(Contact Energy)もラグラン(Raglan)北部で540メガワットの発電所を計画するなど、ジェネシス以外の企業も、ニュージーランド国内での風力発電分野の拡大を狙っている。




PR情報

Google Scholar
ニュージーランド北島で600メガワットの風力発電所建設への関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ