海外環境・CSR通信

シーメンス、ロシアの鉄道と風力発電システムを数千億円規模で獲得 RSS

2010年07月21日

シーメンス製の鉄道車両「デシロ(Desiro):写真」をロシア版「ラストーチカ(Lastochka)」として2012年から生産を開始する。(2009年7月23日撮影)。(c)ecool/Siemens

ドイツの工業コングロマリット、シーメンス(本社:ミュンヘン)は15日、ロシアのエカテリンブルグ(Yekaterinburg)で数十億ユーロ(数千億円)規模の鉄道と風力発電システムの供給に関する覚書を締結したと発表した。シーメンスは合意に基づき、2026年までにロシア全域、22カ所の鉄道操車場を近代化し、ロシア鉄道(Russian Railways、RZD)に対して今後10年間で240台の車両を供給する。

また、ロシアは2020年までに総容量5000メガワットの風力発電システムの設置を計画しており、その一環としてシーメンスは、ロシアの国営企業ロステクノロジー(Rostekhnologii)と水力発電大手(RusHydro)と合弁会社を設立。2015年までに設備容量で1250メガワット相当の風力タービンを設置する。

シーメンスの最高経営責任者(CEO)ペーター・レッシャー氏は声明で「シーメンスの環境関連技術はロシアがエネルギー効率と地球環境の保護に向けた目標を達成する手助けとなる」と述べた。[小西 卓明]




PR情報

Google Scholar
シーメンス、ロシアの鉄道と風力発電システムを数千億円規模で獲得の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ