海外環境・CSR通信

ボッシュ・ソーラー、太陽電池セル工場を新設 年産630メガワットに拡大 RSS

2010年08月24日

新工場が正式に操業を開始。新工場の規模は1万2000平方メートル。シリコンウエハーの製造設備も含んでいる。(c)ecool/Bosch Solar Energy

ドイツの自動車部品大手ボッシュ(Bosch)傘下のボッシュ・ソーラー・エナジー(Bosch Solar Energy)は20日、ドイツ中部チューリンゲン(Thuringia)州・アルンシュタット(Arnstadt)に新たな太陽電池セルの生産工場を開所したと発表した。これにより、同社の太陽電池セルの生産能力は従来の約3倍、630メガワットとなる。

同社は新工場を中心とした同地施設に対して総額5億3000万ユーロ(約560億円)の投資を計画しており、シリコンインゴットから、ウエハー、セル、モジュールに至るまでの一貫した生産体制の構築を進めている。年内には新工場に隣接して太陽電池モジュールの生産工場が完成する予定だ。




PR情報

Google Scholar
ボッシュ・ソーラー、太陽電池セル工場を新設 年産630メガワットに拡大の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ