海外環境・CSR通信

ヴェスタス、中国の研究機関と風力発電・送電網で共同研究 RSS

2010年08月01日

2010年上半期(1~6月)に中国で導入された風力発電の設備容量は、前年同期比82.2%増の3.3ギガワットで、風力発電の累積導入容量、2009年末までに17.6ギガワットに達している。(c)ecool/Vestas

風力タービン世界最大手のヴェスタス(Vestas)と中国のグリッド・エネルギー研究所(SGERI)はこのほど、風力発電と送電網に関する共同研究の第一段階を終了した。2010年2月から開始されたこの研究は、風力エネルギーと送電網の接続強化と、分散する再生可能エネルギー源の統合ソリューションを模索するというもので、2010年12月に完了が予定されている。

中国は現在、世界で最も急成長を続ける風力エネルギー市場で、2020年には累計の発電容量が120ギガワット以上に達すると見込まれている。このような状況下で、大量のエネルギーの送電網への接続は、中国の風力エネルギー産業を堅調に成長させていくには不可欠なものとなっている。[土井淑子]




PR情報

Google Scholar
ヴェスタス、中国の研究機関と風力発電・送電網で共同研究の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ