海外環境・CSR通信

スペインの風力発電、2010年上半期に727メガワットを導入 RSS

2010年09月05日

スペイン中部・グアダラハラ(Guadalajara)にある設備容量208メガワットのマランチョン風力発電所(Maranchon Wind Farm)。(2009年9月1日撮影)(c)ecool/IBERDROLA RENOVABLES

スペイン風力エネルギー協会(Spanish Wind Energy Association、AEE)が、2010年上半期のスペイン国内における風力発電の新規設備容量は727メガワットだったと発表した。これにより、現在スペインの風力発電能力は合計19.88ギガワットに達し、このままの勢いで年末までに2010年度の目標である20.15ギガワットに届くと予測している。

スペインの風力発電は、2010年上半期に、スペイン国内で必要とされる電力の17%を賄える規模になっており、ピークを迎えた5月4日では40%に達している。AEEは今後10年間でスペインの風力発電能力を38ギガワットにまで成長させるため、新たな法の枠組みを整えるよう政府に働きかけている。[土井淑子]




PR情報

Google Scholar
スペインの風力発電、2010年上半期に727メガワットを導入の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ