海外環境・CSR通信

英国の風力発電、消費電力の10%に到達 RSS

2010年09月13日

総発電容量180メガワット、イングランド北部 ソルウェー(Solway)湾沖合にあるロビンリグ(Robin Rigg)風力発電所(c)ecool/Vestas

英国のエネルギー供給大手ナショナル・グリッド(National Grid)によると、今月6日、英国の風力発電所で発電された風力エネルギーが、英国の消費電力の約10%に達するという歴史的記録を打ち立てた。電力需要が最大となった午後8時半には、消費電力全体の4.7%である1860メガワットが風力発電によって賄われており、直接送電網に送られる小規模の風力発電所を考慮すると、同日24時間で英国で消費された電力の約10%は風力発電によって賄われたとナショナル・グリッドは考えている。

現在、英国には263カ所の風力発電所があり、発電能力は4616.05メガワットにおよぶ。さらに2716メガワットが建設中で、6126メガワットの計画が承認されている。これらすべてを合計すると、13.5ギガワットの風力発電が今後数年間で稼働していくことになる。

再生可能エネルギー事業者団体リニューアブルUK(RenewableUK)の最高執行責任者、マリア・マカフィー(Maria McCaffery)氏は、今後10年間で英国の消費電力の約30%を風力発電で賄えると期待を見せており、さらに洋上風力発電の可能性を考慮すれば、英国からのエネルギー輸出が現実のものとなりうるとコメントしている。[土井淑子]




PR情報

Google Scholar
英国の風力発電、消費電力の10%に到達の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ