海外環境・CSR通信

独アレオ・ソーラー、太陽電池の生産能力を390メガワットに拡張  RSS

2010年10月29日

ドイツの首都ベルリン(Berlin)北部のプレンツラウ(Prenzlau)にある太陽電池モジュールの製造工場(2009年9月24日撮影)。(c)ecool/aleo solar

ドイツの太陽電池メーカー、アレオ・ソーラー(aleo solar)は26日、3カ所の工場で生産する太陽電池モジュールの年間生産能力を、来年末までに250メガワットから390メガワットに増強する。投資額は2000万ユーロ。欧州市場における太陽電池モジュールのトップメーカーとしての地位向上を図る狙いがある。

来年末までに、最も古い生産ラインを持つドイツ北部・プレンツラウ(Prenzlau)のメイン工場は近代化され、180メガワットの生産能力を280メガワットに引き上げる。また、中国山東省の高密(Gaomi)市にある工場では、現在の50メガワットから90メガワットに拡張する一方で、スペインの工場は現行の20メガワットを維持する。




PR情報

Google Scholar
独アレオ・ソーラー、太陽電池の生産能力を390メガワットに拡張 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ