海外環境・CSR通信

独エーオン、ロシア初となるJIプロジェクトの承認獲得 RSS

2010年10月21日

ドイツのエネルギー最大手エーオン(E.ON)とその子会社、ロシアの電力会社OGK-4はこのほど、モスクワ(Moscow)近郊にあるシャトゥルスカヤ(Shaturskaya)発電所における400メガワット級の複合サイクルガスタービン(CCGT)プラントの建設を完了した。2012年までに100万トン以上の二酸化炭素(CO2)の削減が可能となる同プラントは、今月15日、気候変動枠組条約(UNFCCC)の共同実施(JI)監督委員会より、京都議定書に基づくJI(共同実施)プロジェクトとしてロシアで初めて承認された。

プロジェクトは、オランダのJIデベロッパーのグローバル・カーボン(Global Carbon)社と共同開発したもので、今回のシャトゥルスカヤに加え、さらに2つの京都議定書に基づいたJIプロジェクトを計画しているという。




PR情報

Google Scholar
独エーオン、ロシア初となるJIプロジェクトの承認獲得の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ