海外環境・CSR通信

イベルドローラ、米国で15億ドルの「スマートグリッド」プロジェクト立ち上げ  RSS

2010年10月03日

スペインの電力大手イベルドローラ(Iberdrola)の子会社、イベルドローラ・アメリカ(Iberdrola USA)と米メイン州の電力会社セントラル・メイン・パワー(Central Maine Power、CMP)は、スマートグリッド(次世代送電網)に関する2つのプロジェクトを立ち上げた。プロジェクト規模は15億ドル(約1250億円)にのぼり、メイン州では、過去40年で最大のエネルギーインフラプロジェクトとなる。プロジェクトは、2015年までに完了する予定で、5年間にわたるプロジェクト期間中に3000人以上の雇用を創出できるとしている。

このプロジェクトには、5カ所の変電・送電所の建設も含まれている。これらに接続される送電線は約450マイル(約724キロ)にわたり、送電線の南端は米東海岸ニューイングランド(New England)の送電網に、北端はカナダからの送電網と接続される。




PR情報

Google Scholar
イベルドローラ、米国で15億ドルの「スマートグリッド」プロジェクト立ち上げ の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ