海外環境・CSR通信

オバマ政権、ホワイトハウスに太陽光発電システムを導入 RSS

2010年10月08日

ホワイトハウスに初めて太陽光パネルが設置されたのはカーター大統領時代の1979年。後任のレーガン大統領時代に撤去され、ブッシュ前大統領時代に一部利用されたことがあるが、それ以来の設置になる。(c)ecool/twiga_swala

米エネルギー省(DOE)のスティーブン・チュー長官は5日、ホワイトハウス(White House)に太陽光発電システムと太陽熱温水器を導入すると発表した。これは米国の太陽光技術が信用でき、国中の家庭に導入できるものだと証明するDOEの実証プロジェクトの一環。米国で最も有名な建物に太陽光発電システムを取り入れることで、米国における再生可能エネルギーの重要性をアピールする狙いがある。

チュー長官は、「このプロジェクトは太陽エネルギーにおける米国のリーダーシップの発揮と雇用創出というオバマ大統領の強い意志を反映している。太陽エネルギー技術を国中に展開していくことは、米国が世界経済をリードしていくことに役立つだろう」と語った。DOEはこれらの導入に向け、設置企業の選考を行って行く予定。





PR情報

Google Scholar
オバマ政権、ホワイトハウスに太陽光発電システムを導入の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ