海外環境・CSR通信

アクシオナ、50メガワット 270億円を投じた太陽熱発電所が運転開始  RSS

2010年11月07日

スペインの首都マドリード(Madrid)西部、マハダス(Majadas)近郊に建設された集光型太陽熱発電所「Concentrated Solar Power (CSP) Plant 」。サッカー場 約89面分に相当する135ヘクタールの敷地に19万2000個の鏡を持つ800の太陽熱集光器が設置されている。(c)ecool/ACCIONA

スペインの再生エネルギー開発企業アクシオナ・エナジー(Acciona Energy)は、2億3700万ユーロ(約270億円)を投じた出力50メガワットの集光型太陽熱発電所(CSP)「マハダス(Majadas)」の運転を開始した。ネバダ・ソーラーワン(Nevada Solar One、米国)、アルバラード(Alvarado、スペイン)に続き三カ所目となるマハダス発電所は3万世帯分の消費量に相当する電力を供給する。

アクシオナは、トラフ式(parabolic trough)太陽熱発電の技術を用いた総容量214メガワット、4カ所の太陽熱発電所を運用しており、太陽熱発電分野での世界トップの地位を確立している。更に2011年夏にはスペインで同様の技術を用いた太陽熱発電所の運転開始が予定されており、計5カ所となるアクシオナの発電所の総容量は264メガワットに上る見込み。




PR情報

Google Scholar
アクシオナ、50メガワット 270億円を投じた太陽熱発電所が運転開始 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ