海外環境・CSR通信

米原子力発電エクセロン、50億ドルをクリーンエネルギー事業に投資  RSS

2010年11月19日

エクセロンがペンシルベニア州ポッツタウン(Pottstown)で運用するリメリック原子力発電所の航空写真(Limerick Nuclear Generating Station)(c)ecool/Exelon

米原子力発電最大手エクセロン(Exelon)は16日、50億ドル(約4200億円)規模のクリーンエネルギー事業への投資計画を明らかにした。投資対象は、スマートグリッド(次世代送電網)や再生可能エネルギー、原子力発電所の出力向上など。今後5年間で米イリノイ(Illinois)州、ペンシルバニア(Pennsylvania)州での事業を中心に投資を行う。

具体的には、通信機能を備えた電力計「スマートメーター」 72万台の配備や計745メガワット規模の風力発電所および太陽光発電所への投資、化石燃料を用いた火力発電所4カ所の廃炉などが実施される。




PR情報

Google Scholar
米原子力発電エクセロン、50億ドルをクリーンエネルギー事業に投資 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ