海外環境・CSR通信

米エネルギー省、米最大250MW太陽熱発電に14億5000万ドル  RSS

2010年12月25日

Solana発電所で使用されるパラボラ・トラフ(Parabolic Trough)技術。湾曲した鏡でパイプの中を流れる油を加熱し、蒸気を発生させることで電気を生み出す。(c)ecool/worklife Siemens

米エネルギー省(DOE)がアリゾナ州中部フェニックス郊外に建設予定の世界最大級250メガワットの集光型太陽熱発電(Concentrating Solar Power:CSP)プロジェクト「ソラーナ(Solana)」の14億5000万ドルの融資保証を承認した。

今年末までに建設を始め、2013年夏の操業を目指している。稼動を始めれば7万世帯分の電力供給が可能となる。さらに、天然ガスを燃やす発電所と比較して年間47万5000トンの二酸化炭素(CO2)排出を削減できるという。

完成後は、アリゾナ州公益事業局(Arizona Public Service)に30年間、電力を販売する。




PR情報

Google Scholar
米エネルギー省、米最大250MW太陽熱発電に14億5000万ドル の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ