海外環境・CSR通信

ユーロシブエネルゴと中国長江電力、シベリア・極東での10GW級の発電所建設で提携 RSS

2010年12月03日

中国・長江中流域の湖北省宜昌市にある中国最大の「三峡ダム」。年間発電量は800億キロワット時以上を誇る(2009年8月6日撮影)(c)ecool/漉港小镇

ロシアの資産家オレグ・デリパスカ(Oleg Deripaska)氏が率いる電力会社、ユーロシブエネルゴ(EuroSibEnergo)と中国最大の三峡ダムを管理する中国長江電力( China Yangtze Power )は、シベリアおよびロシア極東地域での水力・火力発電プロジェクトで合弁会社を設立する。

この合弁会社では、今後3年間でシベリア、ロシア極東地域で総容量10ギガワットの水力•火力発電所の建設を見込んだ6つのプロジェクト研究が行われる。発電された電力の一部は、電力不足に悩む中国の北方および北東部に輸出される予定。




PR情報

Google Scholar
ユーロシブエネルゴと中国長江電力、シベリア・極東での10GW級の発電所建設で提携の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ