海外環境・CSR通信

イベルドローラとバッテンフォール、7200MWの洋上風力発電プロジェクトに着手 RSS

2010年12月03日

スペインの再生可能エネルギー大手イベルドローラ・レノバブレス(Iberdrola Renovables)は、傘下のスコティッシュパワー・リニューアブルズ(ScottishPower Rnewables)、スウェーデンの電力最大手バッテンフォール(Vattenfall)とともに、総出力7200メガワットのイースト・アングリア・アレイ(East Anglia Array)洋上風力発電プロジェクトの第一フェーズに着手した。

第一フェーズでは、英国東部サフォーク(Suffolk)沿岸から43キロ離れた北海に400基の次世代風力タービンが設置され、1200メガワットの発電能力を得るようになるという。イースト・アングリア ONE(East Anglia ONE)と呼ばれるこの場所は、35~45メートルという比較的浅い水深で、風の条件も良いという利点を持つ。

大規模なエネルギーを制御する必要があることから、送電処理は2015年から2021年までに6つのフェーズに分けて実施される予定だ。




PR情報

Google Scholar
イベルドローラとバッテンフォール、7200MWの洋上風力発電プロジェクトに着手の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ