海外環境・CSR通信

仏アルストム、エストニアで13億ドル規模の火力発電所を受注 RSS

2011年01月17日

アルストムが建設を手掛けたサウジアラビア西部ジェッダ(Jeddah)の南100キロ、紅海沿岸にあるシャイバ火力発電所(Shoaiba Oil-Fired Power Plant)(c)ecool/ALSTOM

フランスの総合エンジニアリング企業アルストム(Alstom)は、バルト3国のひとつ、エストニアで総出力600メガワット規模の火力発電所を建設する。契約相手はエストニア国営エネルギー企業Eesti Energia傘下のナルヴァ(Narva)発電施設で、受注額は約13億ドル。第一期工事は2015年までに完了を予定している。

完成後は、人口130万人のエストニア国内の消費電力の大部分を賄うという。また、同発電所には循環流動層(CFB)ボイラ技術を取り入れる計画で、二酸化硫黄(SO2)や窒素酸化物(NOx)の排出量削減を行う。これにより、エストニアはEUの大型火力発電所に関する指令(LCPD)を達成する見込みだ。




PR情報

Google Scholar
仏アルストム、エストニアで13億ドル規模の火力発電所を受注の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ