海外環境・CSR通信

米GM、EV用電池開発エンビア・システムに投資 RSS

2011年01月27日

米カリフォルニア州ニューアーク(Newark)にあるエンビア・システム(Envia Systems)の研究施設(2009年4月28日撮影)(c)ecool/General Motors

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は26日、電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池を開発する米エンビア・システムズ(Envia Systems)に700万ドルを投資すると発表した。また、エンビアが開発する技術をEVに使用するためのライセンス契約も同時に締結した。

GMは今年に入り、無線(ワイヤレス)充電技術のパイオニア、パワーマット(PowerMat)に500万ドルを投資したほか、米エネルギー省(DOE)傘下のアルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory)と同研究所が持つEV技術の特許使用で合意するなどEV向け先進技術の導入を積極的に進めており、今回の投資もその一環。





PR情報

Google Scholar
米GM、EV用電池開発エンビア・システムに投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ