海外環境・CSR通信

イベリンコとガメサ、ケニアの風力発電所建設で提携 RSS

2011年01月10日

スペインの電力大手イベルドローラグループのエンジニアリング・建設部門を担うイベリンコ(Iberdrola Ingenieria)と風力タービン製造大手ガメサ(Gamesa)による企業連合は、ケニアに出力13.6メガワットの風力発電所を建設する。建設費は2000万ユーロ。発電所は首都ナイロビ(Nairobi)から約30キロ離れたンゴング(Ngong)に18ヶ月かけて建設される。

ケニア電力公社(Kenya Electricity Generating Company)と契約したこのプロジェクトには、発電所の設計、設備資材の供給、建設工事、試運転などが含まれている。ヌゴングⅡ(Ngong Ⅱ)と名付けられた発電所には、ガメサ社製の風力タービン16基が用いられるという。

イベリンコは2006年からケニアに進出しており、2009年までにケニア電力公社の水力発電所の自動化やコントロールセンターの建設プロジェクトに携わってきた。一方、ガメサにとっては初のプロジェクトとなり、今回を機にケニア国内での市場開拓を計画している。





PR情報

Google Scholar
イベリンコとガメサ、ケニアの風力発電所建設で提携の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ