海外環境・CSR通信

イベルドローラ、ガメサからメキシコの風力発電所を買収 RSS

2011年01月15日

Bii Nee Stipa風力発電所のあるオアハカ(Oaxaca)州ベントーサ(Ventosa)地区エル・エスピナル(El Espinal)の位置図(Google Maps)

スペインの再生可能エネルギー大手イベルドローラ・レノバブレス(Iberdrola Renovables)は、風力タービン製造大手ガメサ(Gamesa)からメキシコ南西部にある出力26メガワットの風力発電所「Bii Nee Stipa」を買収した。買収額は明らかにしていないが、3000万ユーロ相当とみられる。これにより、メキシコにおけるイベルドローラの風力発電能力を106メガワットに押し上げる。

大西洋側から太平洋側に風が間断なく吹き抜け、世界でも風が強いエリアであるテワンテペク(Tehuantepec)地峡に位置する同発電所は、ガメサ社製の風力タービン31基から構成されている。

地理的な多様性がイベルドローラの競争優位のひとつであり、米国や英国の主要市場に加えて中南米(特にメキシコやブラジル)も今後の成長には重要なターゲットとなっている。




PR情報

Google Scholar
イベルドローラ、ガメサからメキシコの風力発電所を買収の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ