海外環境・CSR通信

ABB、インドで超高圧送電網を9億ドルで受注 RSS

2011年03月31日

スイスの電力機器大手ABBは、インド電力網公社(Power Grid Corporation of India、PGCIL)から、インド北東部とウッタル・プラデーシュ(Uttar Pradesh)州アーグラ(Agra)市を結ぶ約1728キロの送電プロジェクトのための超高圧送電システムを9億ドルで受注した。

使用される超高圧直流送電(Ultrahigh-voltage direct current、UHVDC)網は800キロボルトで、これまでに建設された中で最大の8000メガワットの送電能力を持つ。フル操業した場合、インドの国内平均消費量で約9000万人分相当の電力が供給できるという。

プロジェクトは設計、システムエンジニアリング、供給、設置、稼動を含むターンキー契約に基づいて実行される。





PR情報

Google Scholar
ABB、インドで超高圧送電網を9億ドルで受注の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ