海外環境・CSR通信

アルストム、東南アジア初の超臨界石炭火力発電所を建設 RSS

2011年04月07日

フランスの重電・輸送機器大手アルストム(Alstom)は、マレーシア•ペラ州マンジュン(Manjung)に東南アジア初の超臨界石炭火力発電所を建設する。総額約10億ユーロのプロジェクトで、アルストムはマレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナル(Tenaga Nasional)グループと6億5000万ユーロ相当の契約を締結した。

発電所の出力は単独施設として東南アジア最大の1000メガワットで、マレーシアの約200万世帯に供給する電力を生産する。2015年の稼動開始を予定。

アルストムはこれまでに、マレーシアの発電設備容量の約7.5ギガワット分の主要設備を供給しており、マレーシアで最大の設備製造事業者となっている。





PR情報

Google Scholar
アルストム、東南アジア初の超臨界石炭火力発電所を建設の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ