海外環境・CSR通信

米シェブロン、ニューメキシコで集光型のメガワット太陽光発電所を稼動 RSS

2011年04月23日

米ニューメキシコ州北部・クエスタ(Questa)近郊、シェブロン・マイニング(Chevron Mining)のモリブデン(molybdenum)鉱山に設置された追尾式の太陽光発電所。(c)ecool/chevron

米石油大手シェブロン(Chevron)傘下のシェブロン・テクノロジー・ベンチャー(Chevron Technology Ventures、CTV)社は、米ニューメキシコ州北部・クエスタ(Questa)近郊で集光型の太陽光発電所の運用を開始した。出力は1メガワット。米国で最大規模の集光型太陽光発電所になる。

集光型太陽光発電方式を採用した同発電所には、太陽光追尾装置173機が設置されている。約300世帯の電力需要を賄うことが可能で、発電された電力は地元の電力会社に売電される予定。

CTV社のDes King社長は「エネルギービジネスにおいて、新しい技術が市場にもたらされるのには長い時間がかかることを認識しているが、今始めなければたどり着けない。再生可能エネルギー技術への投資は、シェブロン全体の戦略に沿ったもの」と語っている。





PR情報

Google Scholar
米シェブロン、ニューメキシコで集光型のメガワット太陽光発電所を稼動の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ