海外環境・CSR通信

エーオン、2013年までに再生可能エネルギーに37億ドル投資 RSS

2011年04月10日

ドイツ・デュッセルドルフ(Dusseldorf)で年次報告書を発表するエーオンのヨハネス・テイセン(Johannes Teyssen)最高経営責任者(CEO)(2011年3月9日撮影)。(c)ecool/E.ON

ドイツのエネルギー最大手エーオン(E.ON)は、2013年までに再生可能エネルギーに約3100億円(37億ドル)を投資することを計画している。昨年、1200億円以上を風力発電や太陽光発電の拡大に費やしたが、今後はそれ以上の投資となる。

エーオンは北米で2ギガワット以上の風力発電の設備容量を持つ。また、風力発電と太陽光発電を合わせると、3.6ギガワット以上の設備容量となり、今後も北米および欧州での活動を拡大していくことを計画している。

現在、ドンク・エナジー(DONG Energy)やマスダール(Masdar)と共に、完成すれば世界最大規模となる1ギガワットの洋上風力発電所「ロンドン・アレイ(London Array)」を建設しているほか、欧州で合わせて1.3ギガワットとなる4つの洋上風力発電プロジェクトを計画している。また、スペインではアベンゴア・ソーラー(Abengoa Solar)と共にエーオン初の集光型太陽熱発電所(100メガワット)の建設が進んでいる。





PR情報

Google Scholar
エーオン、2013年までに再生可能エネルギーに37億ドル投資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ