海外環境・CSR通信

米政府、グーグルと電気自動車の普及で提携 RSS

2011年04月20日

米ポートランド州立大学(Portland State University)に納車されたトヨタのハイブリッド自動車「プリウス」(2010年7月29日撮影)(c)ecool/Nscale7

米エネルギー省(DOE)は19日、電気自動車の普及でインターネット検索最大手の米グーグル(Google)と提携すると発表した。グーグル・マップを使用し、電気自動車(EV)の充電器所在地を検索できるようにする。石油輸入量の削減を目指すオバマ政権の政策の一環。

DOEは、グーグル・マップを活用し、EV利用者が充電器の場所を確認できるサービスを同省のホームページで提供する予定。また、地方政府のEV関連施設や充電器の設置などに500万ドル(約4億2000万円)の補助金を拠出することも明らかにした。




PR情報

Google Scholar
米政府、グーグルと電気自動車の普及で提携の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ