海外環境・CSR通信

世界最大規模のCO2回収プロジェクトを承認 加サスカチュワン州 RSS

2011年04月30日

二酸化炭素(CO2)回収・貯留設備が導入されるカナダ中西部・サスカチュワン(Saskatchewan)州エステバン(Estevan)近郊にあるバウンダリーダム(Boundary Dam)火力発電所(c)ecool.jp/SaskPower

カナダ中西部・サスカチュワン(Saskatchewan)州エステバン(Estevan)にあるバウンダリーダム(Boundary Dam)火力発電所で世界最大規模の炭素回収・貯留(CCS)プロジェクトが承認された。総事業費は12億4000万ドル。施設の建設は間もなく始まり、2014年に稼動を開始する予定だ。

プロジェクトを承認したサスカチュワン州政府によると、施設の稼動により、乗用車約25万台が排出する年間の温室効果ガスに相当する約100万トンの二酸化炭素(CO2)排出量が削減できるとみられている。

カナダのエンジニアリング企業SNC ラバリン(SNC Lavalin)が設計、調達、建設を請け負い、英蘭石油大手シェル傘下のカンソルブ(Cansolv)がCO2回収システムを供給する。





PR情報

Google Scholar
世界最大規模のCO2回収プロジェクトを承認 加サスカチュワン州の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ