海外環境・CSR通信

アベンゴア、ガーナ初の海水淡水化プラントを開発 RSS

2011年05月02日

スペインの環境エネルギー技術企業アベンゴア(Abengoa)は、ガーナで初の海水淡水化プラントを開発する。ガーナ水道公社(GWCL)と、ガーナ南東部・ヌングア(Nungua)における海水淡水化プラントの開発に着手することで合意。人口増加などにより水不足が深刻化するガーナ首都近郊での飲料水確保を目指す。

総事業費は1億1500万ドル。完成すれば、1日あたり6万立方メートルの給水が可能になる。設計・建設・運営管理などアベンゴアが一貫して請け負う。西アフリカ地域でアベンゴアが海水淡水化プラントを手掛けるのは今回が初めて。





PR情報

Google Scholar
アベンゴア、ガーナ初の海水淡水化プラントを開発の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ