海外環境・CSR通信

伊エネル、米カンザス州で200メガワットの風力発電所を建設 RSS

2011年05月21日

イタリアの電力大手エネル(Enel)傘下のエネル・ グリーン・パワー(Enel Green Power、EGP)は、米カンザス州南東部エルク(Elk)で200メガワットの風力発電所「Caney River」の建設を開始した。総投資額は3億5000万ドル。2011年後半には、一部で試運転を開始する。

ヴェスタス(Vestas)製の1.8メガワット級風力タービン111基を設置。完成すれば、約7万世帯の電力需要を賄う年間7億6500万キロワット時の電力供給が可能となり、58万トンの二酸化炭素(CO2)を削減することができる。発電した電力は、テネシー川流域開発公社(Tennessee Valley Authority)に売電する。

今回のプロジェクトを含め、EGPが北米に導入した発電所の総設備容量は988メガワットになる。[木ノ内]





PR情報

Google Scholar
伊エネル、米カンザス州で200メガワットの風力発電所を建設の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ