海外環境・CSR通信

ガメサ、印キャパロと20億ドルの風力タービン供給契約 RSS

2011年05月20日

スペイン北部パンプローナ(Pamplona)郊外サリグレンにあるガメサの新オフィス(2011年3月21日撮影)。(c)ecool.jp/Gamesa

スペインの風力タービン製造大手ガメサ(Gamesa)は、インドの風力発電事業者、キャパロ・エナジー(Caparo Energy)から総計2ギガワットの風力タービンを受注した。受注額は20億ドル。2012年初頭に約150メガワット分を納入し、すべての納入を終えるのは6年後の予定。

キャパロ・エナジーの最高経営責任者(CEO)ラヴィ・カイラス(Ravi Kailas)氏は「2017年までに5ギガワット分の設置を目標としている。ガメサとの契約は、我が社の長期的な開発目標を達成させる大きなステップとなるだろう」と話している。

またキャパロ・エナジーは、インドの風力タービン製造最大手スズロン・エナジー(Suzlon Energy)と3ギガワット規模の枠組合意を締結している。現時点では1ギガワット規模の風力発電プロジェクトを12億8000万ドルで最終合意に達しており、残りの2ギガワット分の最終合意は検討中である。

インドではこれまでに約13ギガワット規模の風力発電設備が設置されており、インドを市場拠点にすることが、風力発電市場の回復につながると考えられている。スペインに本部を置くガメサのような欧州の開発事業者は、自国内での需要が低下し続けている為、インドを次のビジネスチャンスと見ている。





PR情報

Google Scholar
ガメサ、印キャパロと20億ドルの風力タービン供給契約の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ