海外環境・CSR通信

ルーマニア最大級の風力発電所に130億円を融資 EBRDとIFC RSS

2011年06月27日

ルーマニアの南東部ドブロジェア(Dobrogea)地方にあるチェルナボーダ(Cernavoda)Ⅰ風力発電所(c)ecool.jp/Renovatio

欧州復興開発銀行(EBRD)と世界銀行グループ・国際金融公社(IFC)は、ルーマニアの風力発電所「チェルナボーダ(Cernavoda)Ⅰ&Ⅱ」の建設・運営へ1億1480万ユーロ(約130億円)を共同融資する。ポルトガルの風力発電開発会社EDPレノバベイス(EDP Renovaveis)のルーマニア子会社にそれぞれ5740万ユーロを融資し、再生可能エネルギー生産を増加させるルーマニアの戦略を支援する。

ルーマニア南東部ドブロジェア(Dobrogea)地方に位置するチェルナボーダ風力発電所は、69メガワット規模のチェルナボーダIがすでに稼働中。さらに同容量(64メガワット)のチェルナボーダⅡを追加する。完成すれば、ルーマニア全土の風力発電容量の4分の1を占め、国内最大級の風力発電所になる。





PR情報

Google Scholar
ルーマニア最大級の風力発電所に130億円を融資 EBRDとIFCの関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ