海外環境・CSR通信

ファインランドで世界最大のバイオマスガス化プラント建設 RSS

2011年06月13日

フィンランド西部ヴァーサ(Vaasa)にある電力会社Vaskiluodon Voima社の火力発電所

ファインランドのエンジニアリング大手メッツォ(Metso)は、フィンランド西部ヴァーサ(Vaasa)に世界最大となる140メガワット規模のバイオマスガス化プラントを建設する。総工費は約46億円。2012年12月の稼動開始を目指す。

施設はフィンランドの電力会社Vaskiluodon Voimaが所有する石炭火力発電所に併設され、森林残渣などの木質バイオマスが主な燃料になる。完成後は、現在使用している石炭を最大で40%削減でき、年間23万トン以上の二酸化炭素(CO2)排出量を削減できると期待されている。

EU加盟国は2020年までにエネルギー消費の20%を再生可能エネルギーで賄うという目標を掲げている。フィンランドはさらに高い38%まで引き上げる目標になっているが、すでに25%程度まで達している。





PR情報

Google Scholar
ファインランドで世界最大のバイオマスガス化プラント建設の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ