海外環境・CSR通信

ドイツ鉄道、RWEと1470億円規模の水力発電供給契約 RSS

2011年07月27日

ドイツ西部フランクフルトで行われた契約調印式。RWEのユルゲン・グロスマンCEO(最高経営責任者)(左)とドイツ鉄道のリューディガー・グルーベCEO(最高経営責任者)(右)(2011年7月25日撮影)。(c)ecool.jp/Deutsche Bahn

ドイツ最大の鉄道会社、ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)と独エネルギー大手RWEは、約13億ユーロ(約1470億円)規模の水力発電による電力供給契約に調印した。契約は2014年から2028年の15年間。14カ所の水力発電所から電力供給を受ける。

RWEはドイツの25万世帯の電力需要に相当する、年間約9億キロワット時の電力を供給する。これにより、ドイツ鉄道の使用電力に占める再生可能エネルギーの割合は28%まで上昇すると見られている。ドイツ鉄道のリューディガー・グルーベCEO(最高経営責任者)は「今回の契約で、我々の2050年までに全ての鉄道の電力需要を再生可能エネルギーで満たすという構想に近づくことになる」と声明で述べている。

ドイツでは2022年までにすべての原子力発電所を廃止すると決定しており、現在、再生可能エネルギーへの移行の促進を加速させている。





PR情報

Google Scholar
ドイツ鉄道、RWEと1470億円規模の水力発電供給契約の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ