海外環境・CSR通信

欧州の風力発電、2020年までに現在の3倍に拡大 - EWEA予測 RSS

2011年08月07日

デンマークのコペンハーゲン沖で稼動する出力40メガワットのミドルグルンデン(Middelgrunden)洋上風力発電所。ヴェスタス(Vestas)社製の風力タービン20基が使用されている(2009年7月27日撮影)。(c)ecool.jp/Stig Nygaard

欧州風力エネルギー協会(European wind energy association、EWEA)は、EUの風力発電からの電力生産が2020年までに現在の3倍まで拡大するとの予測を発表した。

EWEAのレポート「Pure Power」によれば、洋上・陸上の風力発電プロジェクトに1940億ユーロ(約21兆7000億円)の投資が行われ、2010年にEUの総電力需要の5.5%にあたる182テラワット時から2020年には15.7%にあたる581テラワット時に達すると予想している。これはフランス、ドイツ、ポーランド、スペイン、英国の全世帯の電力需要に相当することになる。さらに2030年までに、総電力需要の約28%を風力発電で賄うとしている。

風力発電容量の成長率は国によって大きく異なり、2020年に風力発電が各国の電力需要に占める割合は、ベルギー・オーストリア10%、フランス11%、ドイツ17%、英国19%、デンマーク38%などと予想されている。[木ノ内倫子]





PR情報

Google Scholar
欧州の風力発電、2020年までに現在の3倍に拡大 - EWEA予測の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ