海外環境・CSR通信

独シーメンス、露パワーマシンとガスタービンの合弁会社を設立 RSS

2011年08月04日

ドイツの工業コングロマリット、シーメンス(Siemens)は、ロシアのタービン製造大手パワーマシン(Power Machines)とガスタービンの合弁会社を設立する。出資比率は、シーメンスが65%、パワーマシンが35%。シーメンスの技術とパワーマシンの生産能力を生かし、ロシアや旧ソ連邦の独立国家共同体(CIS)市場向けにガスタービンの開発、製造、サービスの提供を行う。

合弁会社の本社はサンクトペテルブルグ(St. Petersburg)に置かれる。関係当局の承認を経て数カ月以内に設立される見通し。シーメンス・エナジー(Siemens Energy)の最高経営責任者(CEO)マイケル・ズース(Michael Suess)氏は「CIS加盟国のガスタービン、ガス発電所、複合サイクル発電所の市場は成長中で、合弁会社設立が市場参入を容易にする。この地域の発電所の近代化に貢献し、市場のリーダーになることを狙う」とコメントした。





PR情報

Google Scholar
独シーメンス、露パワーマシンとガスタービンの合弁会社を設立の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ