海外環境・CSR通信

テクニカス・レウニダス、豪の海水淡水化プラント拡張事業 380億円で受注 RSS

2011年08月13日

スペインのエンジニアリング会社テクニカス・レウニダス(Tecnicas Reunidas)率いるコンソーシアム、サザン・シーウォーター・アライアンス(Southern Seawater Alliance)は、西オーストラリア州の水道公社、ウォーター・コーポレイション(Water Corporation)から海水淡水化プラント「ビニンガップ(Binningup)」の拡張事業を受注した。受注額は3億5000万ユーロ(約380億円)。

西オーストラリア州南西部の都市パース(Perth)から同州南東部のゴールドフィールズ(Goldfields)地区までの水需要を確保する州政府の計画の一環で、同州西南部、ビニンガップ(Binningup)近郊の海水淡水化プラントの容量を2倍にする拡張事業を行う。コンソーシアムは、パイプラインなどのインフラを含むプラントの設計、建設、運営、保守を担当する。

プラントの第一段階は、コンソーシアムが7億5000万ユーロを投じ完成させており、2011年11月に25年間の全面稼動を開始する。第二段階の拡張工事が完了する2012年12月からは、年間1000億リットルの飲料水の供給が可能になる。


e_southernseawater11_0813_001_s.jpg


PR情報

Google Scholar
テクニカス・レウニダス、豪の海水淡水化プラント拡張事業 380億円で受注の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ