海外環境・CSR通信

米ウェスチングハウス、チェコI&C Energoと原子炉増設で覚書 RSS

2011年08月18日

チェコの首都プラハ(Prague)で行われた覚書の調印式の様子(2011年8月15日撮影)(c)ecool.jp/I&C Energo

東芝傘下の米原子力プラント大手ウェスチングハウス(Westinghouse)は、チェコのエンジニアリング企業I&C Energo社とチェコ中西部ボヘミア南部のテメリン(Temelin)原子力発電所の原子炉増設に関する覚書を締結した。加圧水型原子炉「AP1000」の建設で、テメリン原発を所有するチェコ電力(CEZ)へ提案を行う。

覚書は、原子炉増設工事をウェスチングハウスが落札した場合、I&C Energo社が原子炉「AP1000」の計装制御系を供給し、試運転や起動試験などを2社が共同で行うとの内容。テメリン原発を所有するチェコ電力(CEZ)に提出するため、ウェスチングハウスが進めている原子炉増設提案につながるもの。


PR情報

Google Scholar
米ウェスチングハウス、チェコI&C Energoと原子炉増設で覚書の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ