海外環境・CSR通信

アベンゴア、米カンザス州でバイオ燃料生産工場の建設を開始 RSS

2011年09月24日

スペイン北西部サラマンカ地方バビラフエンテ(Babilafuente)にあるアベンゴアのバイオエタノール製造工場(2010年10月20日撮影)。(c)ecool.jp/Esse Community

スペインの総合エンジニアリング大手アベンゴア(Abengoa)傘下のアベンゴア・バイオエナジー(Abengoa Bioenergy)は、バイオマス燃料を商用規模で生産する「バイオリファイナリー」の建設を、米カンザス州南西部ヒューゴトン(Hugoton)で開始した。工期は約2年を予定しており、完成すれば年間2300万ガロンのセルロース系エタノール燃料が生産される。

アベンゴアの最高経営責任者(CEO)マニュエル・サンチェス(Manuel Sanchez)氏は「バイオリファイナリーの初の商用規模の工場建設で、過去10年にわたり開発・実証してきたセルロース系バイオマスからの再生可能な燃料生産技術を活用することができる」と話しており、今後この技術を世界各国の生産施設でも取り入れていきたいとしている。


PR情報

Google Scholar
アベンゴア、米カンザス州でバイオ燃料生産工場の建設を開始の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ