海外環境・CSR通信

GDFスエズ、バイオマス100%による発電所をベルギーで運用開始 RSS

2011年09月27日

ベルギー北部ヘント(Ghent)にあるローデンハウゼ(Rodenhuize)発電所(2010年9月29日撮影)。(c)ecool.jp/Bilfinger Berger

フランスのエネルギー大手GDFスエズ(GDF Suez)傘下のベルギー電力大手エレクトラベル(Electrabel)は、ベルギー北部でバイオマス100%によるローデンハウゼ(Rodenhuize)発電所の運用を開始した。同発電所は1億2500万ユーロを投じ、既存の火力発電所を100%バイオマス発電所に転換したもので、燃料の石炭は木質ペレットに完全に切り替えられる。

発電所は、ベルギーの建設・不動産大手アッカーマンズ・アンド・ファン・ハーレン(Ackermans & van Haaren)との共同出資で運営されている。出力は180メガワットで、32万世帯の電力需要を賄い、年間120万トンのCO2排出量を削減できる効果があるという。



PR情報

Google Scholar
GDFスエズ、バイオマス100%による発電所をベルギーで運用開始の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ