海外環境・CSR通信

アイスランド最大の地熱発電所で炭素貯蔵プロジェクトが始動 RSS

2011年09月13日

アイスランドの首都レイキャビク(Reykjavik)から東へ約20キロの地熱地帯にある同国最大の地熱発電所「ヘットリスヘイディ(Hellisheidi)」(2011年6月22日撮影)。(c)ecool.jp/Carlos Ferrer

アイスランド最大の地熱発電所ヘットリスヘイディ「Hellisheidi」で炭素貯蔵プロジェクトが10月から始動する。アイスランドと米国による共同プロジェクトで、人工的に石灰岩層をつくりだすことによって地下に炭素を貯蔵する技術を評価する。

プロジェクト費用1000万ドルの約半分をアイスランドの電力最大レイキャビク・エナジー(Reykjavik Energy)が拠出し、残りはフランス国立科学研究センター(CNRS)、米エネルギー省、欧州連合(EU)、北欧諸国からの融資などにより運営される。

プロジェクトが成功すれば、玄武岩に注入された二酸化炭素が石灰岩に変換され、地下に貯蔵される。これにより、ガスの地下貯蔵において懸念される問題の一つである二酸化炭素の大気への漏れを防ぐことができるという。地球上の陸地のみならず海底にも玄武岩は散布しており、将来的に、この技術が広範囲にわたり広まっていく可能性がある。



PR情報

Google Scholar
アイスランド最大の地熱発電所で炭素貯蔵プロジェクトが始動の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ