海外環境・CSR通信

米原子力規制委員会、仏アレバにウラン濃縮工場建設を許可 RSS

2011年10月16日

仏原子力大手アレバ(AREVA)のウラン濃縮用遠心分離機(c)ecool.jp/AREVA

米原子力規制委員会(Nuclear Regulatory Commission、NRC)は、フランスの原子力大手アレバ(AREVA)傘下のアレバ・エンリッチメント・サービス(AREVA Enrichment Services)に、アイダホ州の新たなウラン濃縮工場「イーグル・ロック(Eagle Rock)」の建設と運用に関する認可を与えた。

遠心分離法によるウラン濃縮工場「イーグル・ロック」の着工予定は2012年春。同州東部ボンネビル(Bonneville)の約6万平方メートルの敷地に、6年をかけて建設される。完成後は、米国内の原子力発電所で必要な約4分の1の核燃料を供給することが可能になる。

アレバは2008年に申請を提出し、NRCが3年をかけて安全性や環境影響を調査してきた。NRCは建設・運用中も査察を行う。



PR情報

Google Scholar
米原子力規制委員会、仏アレバにウラン濃縮工場建設を許可の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ